デイアップケア

こころの外来

デイアップケア

​■もの忘れ・高齢者 こころの外来

■もの忘れ・高齢者こころの外来とは?

物忘れや認知症的症状が気になり心配な方、認知症による抑うつ状態、興奮、不眠、妄想、幻視、幻聴などの心の不調症状が出現してきた高齢者(65歳以上)の方を対象とした認知症専門外来です。ご本人やご家族より、症状や日々の生活のご様子を丁寧に問診した上で、必要と思われる検査を行い、疾患に対する専門的な診断・治療を、認知症専門医を中心とした経験豊富な精神科医師が担当して行います。

受診相談のタイミング
-受診相談のタイミング-

当てはまると思う項目があり、不安に感じたら受診、相談される事をおすすめします。

・財布などをなくして、探すことが多くなった

・話していた相手の名前を忘れることがある

・同じものを何個も買ってしまったことがある

・曜日や日付を何度も確認しないと忘れる

・やる気がおきない

・長年の趣味が楽しいと感じない

・外出することが面倒くさいと思う

・段取りが下手になった

・レジで会計するときに小銭が使えない

・怒りっぽくなった

AdobeStock_181486656.jpeg

​■もの忘れ・認知力デイアップケア

もの忘れ
AdobeStock_181486656.jpeg
■もの忘れ・認知力アップデイケアとは?

脳の健康維持・向上に特化したプログラムのことです。もの忘れが多くなったと心配な方、“もの忘れ認知力アップ”デイケアに参加してみませんか?認知力アップデイケアは作業療法士を中心としたスタッフが、認知症予防や認知機能維持に効果が期待されている運動療法や認知トレーニングなどのプログラムを行い、認知力の維持と向上を希望される方 及びクオリティー・オブ・ライフを高く維持したい方を支援します。

■もの忘れ 認知力アップ プログラムとは?

​体操

アタマカラダ!ジム・セラバンド体操・リズム体操など。運動と認知課題を同時に行う二重課題の訓練により注意力のアップや転倒リスクを軽減します。

​脳トレ

計算や音読・書字・クイズなど、脳の機能維持・強化を図るものです。参加者が一緒に取り組むことで、やりがいや楽しみが増し継続がスムーズになります。

音楽療法

懐かしい楽曲の合奏や合唱を行うことで、リラックスし集中力や記憶力に働きかけます。

回想法

思い出に意図的に働きかけ、楽しみながら情緒的な安定を促進していきます。

趣味活動(創作活動)

親しみのある作業・好みの作業は安心感を、新たに挑戦したいと思う作業は、認知機能やQOL(生活の質)の向上をもたらします。

口腔機能維持・向上

物を噛む行為は脳を刺激します。舌や頬の動き、唾液の分泌促進等の口腔体操を行い、口腔機能の維持・向上を目指します。

体操
音楽療法
おりがみ
食事